シミウスの使い方を紹介

シミウス ホワイトニングリフトケアジェルの使い方は、とてもかんたです。

 

マッサージ一回分のシミウスジェルの使用量は、付属のスパチュラ2杯分です。

 

また、動画の方がわかりやすいと思われる方には、メビウス製薬のご案内動画で詳しい説明を見る事をお勧めします。

 

シミウスジェルをご購入いただいた際に添付されてるお手入れガイドに事細かく記載されています。

 

1.まずはじめに、耳の下の小さなへこみがあるのがわかりますか?そこが耳下腺リンパ節ですので、まずその部分を親指の腹で押してほぐします。

 

強さとしては、痛気持ちいい程度にほぐすといいでしょう。

 

2.次にフェイスラインのマッサージです。

 

親指で顎の下から先にほぐした耳下腺リンパ節(耳のへこみ)まで、引き上げながら伸ばします。

 

イメージとしては、親指で押しながら上げていく感じです。

 

3.次にマッサージするのは頬筋(きょうきん)です。

 

頬筋(きょうきん)は、口角を上げる働きがある表情筋です。

 

この筋肉が衰えると口角が下がって、寂しい口元となり、老け顔になったりします。

 

また口角を外側に引っ張り歯列側に頬を押し付ける働きでもあり、若く明るい肌作りには欠かすことができない筋肉でもあります。

 

それでは、手を軽く握ります。

 

ジャンケンでいうグーの形になっていますね。

 

そして、頬の下の頬筋(きょうきん)をほぐしましょう。

 

こちらもマッサージ後、爽快感を感じるぐらい痛気持ちいい力加減で、左右両頬ともに進めます。

 

4.では、最後に顎関節です。

 

顎関節(がくかんせつ)は、頭蓋にある唯一の関節で頬骨の後ろに位置し、顎の開閉を司る関節です。

 

グリグリと円を描く感じでほぐし、それから小鼻から頬骨へ押し上げていきます。

 

以上でマッサージ終了となります。

 

最初な難しく感じる方もいると思いますので、初めは簡単なマッサージでもいいと思います。

 

その場合も強く擦る事によって肌を痛めてしまわない様、気をつけて下さい。

 

そして、ぜひ皆さんもシリウスでのマッサージの効果を実感して下さい。

 

 

 

→限定プレゼント有りでシミウスをお試しされる場合はこちらからどうぞ